家庭用脱毛器にも、実は色々な種類があります。

フラッシュ脱毛器

脱毛器の種類
今や家庭用脱毛器の主流なのが、このフラッシュ脱毛器。
ほとんどのエステサロンで採用されているのも、このフラッシュ脱毛です。

 

特徴は、照射範囲が広くて、痛みが少ないこと。
またフラッシュ光自体に、メラニンを輩出したりコラーゲンを活性化する効果もあるため、
脱毛と同時に美肌ケアもできるという嬉しい効果もあります。

 

フラッシュ脱毛器の例 …ケノン、エピナード、イーモリジュ、センスエピなど

 

 

レーザー脱毛器

脱毛器の種類
クリニックで採用されている医療用レーザーとは違う、出力の弱いレーザーを家庭で使えるようにした脱毛器。
レーザーは直線的に進むので痛みが強く、照射範囲が狭いために体中に照射するには非常に多くの時間を要します。
1照射あたりの面積は、フラッシュ脱毛器の1/10以下程度です。

 

ということは、脱毛の時間も10倍はみておかなくてはいけません。

 

レーザー脱毛器の例…トリア

 

 

熱線式 除毛器

脱毛器の種類
こちらは、脱毛器というよりは、熱でムダ毛を焼き切るカッターのようなものと考えたほうが良いです。
カミソリなどと比べると、切断面が丸くなる分、チクチクはしませんが、
毛根を処理することができないために毛が減ることはありません

 

熱線式除毛器の例…ノーノーヘアー

 

 

おすすめはフラッシュ脱毛器

本当にしっかり脱毛したければ、迷わず「フラッシュ脱毛器」をおすすめします。

 

レーザーのように、照射するたびに痛い、とか、時間がかかりすぎるという脱毛器では、使うのが苦痛になって続かないからです。

 

フラッシュ脱毛は広い範囲に光を届けることができ、かつ脱毛効果も高いため、早くてきれいに脱毛が完了します。

 

体のパーツは、脚や腕のような面積の大きな部位と、指やワキのように面積が小さい部位がありますが、
どれも同じような照射カートリッジを使うのではなく、
ラージタイプととスリムタイプのカートリッジを付け替えてどこの面にもピッタリと照射面があたるようにすると、効率良くスピーディーに脱毛が終わります。

 

 

その点で、私が使った脱毛器「ケノン」は

 

◆大きなサイズと小さいサイズのカートリッジがついており、どこの部位でもしっかり密着。

 

◆ラージサイズのカートリッジは照射面が9平方センチと群を抜いて大きい!広い部位でも早く処理できる。

 

◆1つのカートリッジで50,000回も照射することができるので、全身脱毛でも余裕でカバーできる。

 

◆顔の脱毛ができる。

 

◆人工知能搭載で温度調整を自動で行ったり、とにかく賢い!

 

◆日本製で安心。アフターサービスやサポートもしっかりしている。

 

という点でとてもおすすめです。

 

もちろん脱毛効果も確かですよ!

 

脱毛器の種類