しつこい脚やワキも、1本2本を残すのみ。

前回は腕、鼻の下、ワキ、脚と通常行ってきた脱毛に加えて、ひざ小僧と指の2か所プラスした6か所の脱毛を行いました。

 

6回目脱毛終了後、ようやく!ワキと脚がスベスベになってきました。

 

今までケノンの脱毛器を使っても使っても、変わらず剛毛が再生していたワキ。
多少ポロポロと抜け落ちるようにはなっていたものの、目立つ剛毛が目視できるぐらいには生えてきていたんですね。

 

それが前回終了後、生えてこなくなりました。凄いです。

 

ワキ↓
ケノン脱毛 7回目

 

 

脚も同様で、剛毛が生えてこなくなりました。
1本か2本、ぴょんと生えてきていたりはするのですが、今までびっしり生えてきていたことを思えば天と地の差です。

 

脚↓
ケノン脱毛 7回目

 

 

 

ただ、ワキも脚も、か細い毛が生えてきていたりするので次回からは細い毛にケノンを照射していきたいと思います。

 

前回6回目の照射以前にほとんど脱毛終了していた腕と鼻の下の産毛に関しても、改めて前回照射してすぐに効果が出ております。

 

産毛に関しては忘れたころに、あれ、生えていた?ということもあるので、こちらも気をつけなくてはいけませんね。

 

さて、前回新しく増やした箇所、ひざ小僧と指ですが、どちらも凹凸があるためか照射するのが難しいです。

 

ひざ小僧は一番盛り上がった部分。
指は指と指の間の斜めになっている部分。

 

この部分にムダ毛がまた生えてきていました。

 

ひざ小僧も指も当たりやすい部分は脱毛できていたようなので、まだムダ毛がある部分を中心にケノンを使用したいと思います。

 

顔全体にも使ってみました!

腕、鼻の下、ワキ、脚、ひざ小僧、指。
と、全身くまなくケノン脱毛器使用中です。

 

今回はさらに、顔全体もケノン脱毛器を使用しようと思います。

 

ワキ、脚はレベル10。
腕、ひざ小僧、指はレベル7。に設定しました。

 

前回、腕、ひざ小僧、指はレベル6だったので今回は1段階あげての使用です。
顔全体と鼻の下はレベル4の設定です。

 

レベルは照射したときの熱さに比例するのですが、やはり皮膚が薄かったり弱かったりする箇所は熱さを感じやすいので、
顔に使用する時は、最初はレベルを低めに設定したほうがいいと思います。

 

実際、鼻の下の産毛は低いレベルでも十分脱毛効果があったので、
一度低めのレベルで試してみて効果が上がっているならばレベルを上げて皮膚に負担をかける必要がないですものね。

 

 

では今回も照射開始。
顔は低めのレベルで。 凹凸の多いひざ小僧、指は前回照射後まだムダ毛が生えてきていた部分に集中的に照射します。

 

ひざ小僧に照射中↓
ケノン脱毛 7回目

 

指の側面も丁寧に照射しました。
ケノン脱毛 7回目

 

 

ワキと脚は目視できるムダ毛が数本というところまで、こぎつけました!
剃った後ですがムダ毛のあった場所をしっかりと確認しながら照射。
ケノン脱毛 7回目

 

前回照射する際は、日焼けにも注意と書きましたが、夏は虫刺されにも注意です。
お子様が小さいお母様などは、公園への付き添いなど蚊の多い場所への外出で、不本意ながら蚊にさされたりしてしまいます。
蚊に刺されやすいか否かというのは、何でしょうか。
血液型とか匂いとか言われていますが刺されやすい人は虫よけスプレーをしても何をしても、刺されてしまいますよね。(私のことです。)

 

ケノンの脱毛器を使用する時はケガの痕にはNGということだったので、虫刺されもやっぱり気になります。
酷い場合は赤くなって腫れていたり、そうでなくとも凹凸はできてしまいます。

 

あまりに虫刺されの箇所が多いときは照射する日をずらして、ケノンを使用してもいいと思いますよ。

 

8回目。生脚でお出かけが可能になりました。

 

 

 

ケノン脱毛 7回目